追伸の例文(メール/目上・上司)

スポンサードリンク

追伸の書き方

追伸は本文に書き忘れが見つかったものの、文中に追記しようとすると文章の構成を一から考え直さなくてはならない場合や、本文の内容とは直接的には関係ないのだけれど是非とも申し伝えておきたい物事がある場合に使う文章です。

追伸は本来は目上の人にはあまり使わない方が良い文章ですから乱発しないように注意しましょう。また、お悔やみ状にも使ってはいけません。

追伸(メール/目上・上司)の例文

追伸(メール/目上・上司)の例文①
追伸 当日お越しの際は会場東側にご用意してあります駐車場にお車をお停め下さいませ。なお、台数に限りがございますので満車の際は近隣の有料駐車場をご利用頂くことになりますので予めご了承下さいませ。

追伸(メール/目上・上司)の例文②
追伸 なお、お願い致しましたアンケート結果については集計が完了次第今月中に結果をメールにてご連絡致します。質問内容等、ご不明な点がございましたらご遠慮無く担当者までご連絡下さいませ。

追伸(メール/目上・上司)の例文③
追伸 更に詳細な分析結果をご要望される場合は改めて担当者までご連絡頂ければと思います。すぐに発送させて頂きます。

追伸 メール/目上・上司)の例文④
追伸 ○○様はお土産を大変喜んでらっしゃいました。今度自社へ立ち寄る際には■■部長へご挨拶に伺うとのことです。

追伸 メール/目上・上司)の例文⑤
追伸 先日はわざわざお立ち寄りいただいた上、貴重な助言まで頂き本当にありがとうございました。おかげ様で先方との関係を修復することができました。後ほど改めてお礼に参ります。取り急ぎメールにて失礼致しました。先日はわざわざお立ち寄りいただいた上、貴重な助言まで頂き本当にありがとうございました。おかげ様で先方との関係を修復することができました。後ほど改めてお礼に参ります。取り急ぎメールにて失礼致しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ