仕様 の意味と例文・使い方・類語と同義語

スポンサードリンク

「仕様」の意味や使い方は?

「仕様」とは物事のやり方やプロセス、方法論を表す言葉です。話し言葉では「しょうがない」などと使われますが。正確には感じで「仕様がない」と書くのです。

気を付けなければならないのは「仕様がある」とは言わない点です。つまり「仕様」はほとんど「仕様+ない」という形で使われるというわけです。

仕様という言葉からは「仕様書」といった名詞としての言葉を連想する人も多いと思いますが、これも意味としては同様です。仕様書とはソフトウェアや工業製品を設計する前段階の要求定義のようなものです。製品は仕様書に書かれている機能を満たすために詳細な設計書が作られるわけです。逆に言えば「仕様がない」状態は「やりようがない」状態と同じという事ですね。

「仕様」の例文

・仰る事が事実であれば撤退を選択するのも仕様がない。

・この仕事は彼にさせるより仕様もない。

・新しく来た部長は仕様もない怠け者である。

・課長の仕様もないダジャレには全員が辟易している。

・顧客からの要求定義が確定するまでは仕様書を作成することが出来ません。

「仕様」の同義語・類語・似た意味の言葉の例文

・練習場所は限られているのだから深夜になっても仕方がない。

・他にやりようがない以上、今の作戦で進むしかない。

くだらない話ばっかりしてないでさっさと働け!

サブコンテンツ

このページの先頭へ