感慨深い の意味と例文・使い方・類語と同義語

スポンサードリンク

「感慨深い」の意味や使い方は?

「感慨深い」は人間の深く複雑な心境を表す言葉です。しみじみと思いを巡らせるような心を相手に伝える時に使うべきでしょう。

あまり使い慣れていないと感覚的にズレた用法になってしまったりするので注意です。本を読む習慣のある人であればピンとくるかもしれませんね。

ビジネスメール等で感慨深いを使う時は、状況的にプロジェクトが一段落ついた時や、何かの結果が得られたタイミングが良いでしょう。或いは同僚や上司が職場を離れる時、もしくは自分が異動になったり職を辞する時などに使います。あまりどうでも良い時に「感慨深い」を使っても頓珍漢な印象を与えるだけです。

「感慨深い」は別に無理やり使う必要はありません。使わなければ使わないで文章を成立させることはできます。ただ、端的に自分の気持ちを表現するにはとても便利な言葉ですから、不慣れな人は例文を参考に使えるタイミングを探してみて下さいね。

「感慨深い」の例文

・○○さんが今月末で退職すると聞き、驚きました。そして、私が新入社員時代に手取り足取りご指導ご鞭撻頂いた頃を思い出しとても感慨深く感じております。

・計画立案から10年。ついにこのビッグプロジェクトも完遂間近となっております。思えば様々な苦労もありました。皆様もとても感慨深いと思います来月のリリースまで気を抜かず全力で走りきりましょう。

・○○様も感慨深けに語っていらっしゃいました。また当時のメンバーで会う機会を設けたいものですね。

・今でも時おり昔を思い出し感慨深くため息をつくことがあります。

「感慨深い」の同義語・類語・似た意味の言葉の例文

・先日の○○社長のスピーチ、大変心に染み入りました。まるで自分の事のように聞き入ってしまいました。

・○○様からそのような暖かい言葉を頂けるとは感無量です。これからも精進して参りますので応援よろしくお願い致します。

・ついに目標を達成し、皆と感動を分かち合っているところです。

・お客様からの数々の応援のお言葉、心に響きました。今後もよりよい商品、カスタマーサービスをご提供できるよう誠心誠意努力して参ります。

・過去の経験にもとづいた貴重なお言葉、琴線に触れました。

・ついに念願叶い、魂が揺さぶられる思いでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ