鋭意 の意味と例文・使い方・類語と同義語

スポンサードリンク

「鋭意」の意味や使い方は?
話し言葉としてはあまり使いませんが、「鋭意」もビジネス文としては頻出する言葉ですね。「鋭意」は「えいい」と読み、意味は「集中して励むこと」となっています。

鋭意はどちらかというとポジティブなシチュエーションで使われる言葉です。つまり、前向きに努力する姿がこの鋭意という言葉には含まれているんですね。ですから、顧客や上司への謝罪文の中では「鋭意」はほとんど使われません。その点は注意が必要といえるでしょう。

鋭意を文章中に含めることでやや引き締まった印象になります。使いすぎると言葉の重みがなくなってしまいますが、以下に紹介する例文を参考に、鋭意の効果的な使用方法を覚えて下さいね。

「鋭意」の例文

・ご提案頂いた内容について、現在部内で鋭意検討中でございます。内容決定し次第改めてご連絡させて頂きます。

・ご提出頂いた資料は現在鋭意精読中です。

・売上目標達成のためメンバー全員、鋭意努力しております。

「鋭意」の同義語・類語・似た意味の言葉の例文

・この度は弊社の不手際により大変ご迷惑をお掛けいたしました。改めて謝罪致します。問題の解決まで誠心誠意対応させて頂きます。何卒宜しくお願い致します。

・当プロジェクトに賭ける意気込みは全社員過去に例を見ないほどであります。粉骨砕身頑張りますので応援よろしくお願い致します。

・現在早期復旧に向けて賢明に努力しております。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますがもうしばらくお待ち頂けますよよろしくお願い致します。

・商談成立のため一生懸命努力致します。今後共ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ