「座右の銘」 がテーマの作文の例文

スポンサードリンク

「座右の銘」 がテーマの作文の例文

「座右の銘」 がテーマの作文の例文 ①

私のイメージからはちょっと遠いため、聞けば驚かれる方もいるかもしれませんが、私の座右の銘は「豪放磊落」です。豪放磊落とは小さな事ではくよくよせず、常に明るく前向きに、懐深く事にあたるいわゆる豪傑のような人物像をイメージして頂ければよいかと思います。また、周りのムードを明るくし、それが自分自身の幸せであると心から感じる人間のことも豪放磊落と言ってよいのではないかと思います。

私は幼い頃から気が弱く、また神経質で小さなことをいちいち気にしては頭を悩ませていました。そんな私だからこそこの豪放磊落という言葉に憧れを持ち、いつか自他共にそのような性格であると認めてもらえるような人間になりたいと考えこの言葉を座右の銘と決めたのです。

未だに私自身が豪放磊落とはかけ離れた人間性であることは熟知していますが、これから一歩ずつ人間性を強く、逞しく成長させるためにもこの言葉を常に胸に刻んで生きていきたいと考えています。

「座右の銘」 がテーマの作文の例文 ②

私の座右の銘は「死ぬまで成長期」です。ちょっと子供っぽい言葉かもしれませんが私にとってはとても大切な言葉なのです。

人生は終わりのない旅だと言う人がいます。私もそう思います。それは人間は何歳になってもあらゆる面で成長し続けることができるからです。ですから何事にも常に満足せず、一歩でも前へ前へと進んでいく前向きな精神が大切だと思うのです。そして自分を成長させようと思えば、何歳になっても、どんな相手からでも「学ぶ」という姿勢を失わずに済むと思うのです。

10年経っても20年経っても、自分はまだまだ成長期の真っ最中であると、そう思いながら生きていきたいと思います。そして精神的にも肉体的にも、何かしらの学問的にも死ぬまで成長し続けることを誓います。

「座右の銘」 がテーマの作文の例文 ③

「勤倹力行」これが私の座右の銘です。実はこの言葉は文房具店を営んでいた私の父の座右の銘でもありました。つまり、私は遺産の一つとしてこの言葉を父から譲り受けたのです。

勤倹力行はコツコツと真面目に愚直に仕事に励むという意味です。現在の私であれば勉学に打ち込むという意味にもなります。
父は勤勉・倹約に服を着せたような人間でした。派手さはありませんでしたがいつも優しくそしてとても信頼感のある男だったと今でも思います。

私は父のような人間になりたいと思っています。特に目につく才能も無い私ですが地道な努力を積み上げれば必ず家族を守り抜く強い男に成長できると思うのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ