ピアスの反省文の例文(高校生)

スポンサードリンク

ピアスの反省文の例文(高校生)

ピアスの反省文の例文①

私は学校の規則を破り、両耳にピアスの穴をあけてしまい、更には学校にまでピアスの穴が塞がるのを防ぐための専用のホルダーキーパーを装着して登校してしまいました。

ピアスの穴をあけたのには深い理由があるわけではなく、軽はずみな気持ちで行ってしまいました。決して意図的に校則を破ってしまおうなどと考えたわけではありません。しかし、当然のことながらピアスの穴をあけるというのは許される行為でないことは間違いありません。それは私自身、今でははっきりと自覚しています。

校則という高校生として基本的なルールすら守れない私ではありますが、今回の事を深く反省するとともに二度とこのような過ちをおかさないことを固く誓い、何卒寛大な処置をお願い申しあげます。本当に申し訳ありませんでした。

ピアスの反省文の例文②

この度は耳にピアスの穴をあけるという高校生としてあるまじき振る舞いを取ってしまった事を深く反省するとともに、謝罪の気持ちを込めてこの反省文を書かせて頂きます。

私は先日、友人たちからの誘いに安易に乗ってしまい、半分度胸試しのようなつもりで耳にピアスの穴をあけてしまいました。子供じみた大変恥ずかしい動機であったととても後悔しております。

学校の校則で、ピアスの穴をあけることが禁じられているということも当然のことながら予め知っておりました。ですから、弁解の余地は無いと理解しております。

今回の件で、私の両親やクラスメイト、そして先生方に多大なご迷惑をお掛けいたしました。謝って許されるような事で無いことも承知しております。本当に申し訳ございませんでした。

ピアスの反省文の例文③

平成○年○月○日 私、○○○○は学校の校則を破り、耳にピアスの穴をあけてしまいました。ほんの出来心とはいえ非常に浅はかで、許されない行動であったと深く反省しております。

○○先生が以前、心の乱れは必ず生活態度の乱れになって現れるとおっしゃっていましたが、その言葉が刃物のように私の心に深く突き刺さる思いです。

今回のことで失った信用はそう簡単に取り戻せるようなものでないことは十分承知しております。これからは一つひとつ、正しい心で正しい毎日を過ごすよう日々努力し精進して参りたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ