お手数おかけしますの意味・例文と類語・応用

スポンサードリンク

お手数おかけしますの意味・例文と類語・応用

「お手数おかけします」の意味や使い方は?

お手数おかけします。は日常的に使われるポピュラーなフレーズですね。ビジネス文書でも、一般的な生活の中でも見聞きすると思います。

「手数をかける」とは「手間を取らせる」や「迷惑をかける」という意味があります。ただ、あまり深刻な状況で使われる言葉ではなくどちらかというと社交辞令的なお約束な言葉として捉えるべきでしょう。

使う相手としては上司や同僚、取引先、顧客と立場を特には選びません。ただ前述したとおり、本当にシリアスな場面ではもう少し丁寧な表現とするべきですね。「お手数おかけします」はやや軽めの頼み事をする時や、手前のミスによって相手方に「少しの」迷惑を掛けてしまった場合に使うようにします。

「お手数おかけします」の例文

・改めてのお願いとなり申し訳ありません。お手数おかけしますが宜しくお願い致します。

・せっかくご入金頂いたのですが、金額が7万円程違っているようです。ご確認のうえ差額分のご入金をお願い致します。お手数おかけして申し訳ございません。

・ご連絡ありがとうございます。お客様にはお手数おかけしまして大変申し訳ございません。ご質問頂いた「会員登録の解除」についてですが、下記のリンクより詳細な説明をご覧いただけます。何卒宜しくお願い致します。

「お手数おかけします」の同義語・類語・似た意味の言葉の例文

・先生には度々お手間を取らせてしまい本当に申し訳ありません。もう少しで完成しますので宜しくお願い致します。

・○○様のお手を煩わせる結果となり本当に心苦しく思っております。

・毎度ご面倒をおかけしまして申し訳ございません。今後共ひとつ宜しくお願い申しあげます。

・利用者の方々にはご迷惑をおかけしております。メンテナンスは本日午後7時に終了予定となっております。無事に終了した時点で改めてアナウンス致しますのでもう少々お待ち下さいませ。

・この度は私共の不手際により、○○様に多大なご迷惑とご負担をお掛けしましたことを大変申し訳なく感じております。今後、二度と同じ過ちを繰り返すことのないよう厳密なチェック体制を構築して参ります。本当に申し訳ございませんでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ