反省文の書き方(高校生)

スポンサードリンク

反省文の書き方(高校生)

反省文(高校生)の書き方

やんちゃな盛りとは言え高校生ともなれば善悪の判断はしっかりと付けねばいけません。悪い事をすればペナルティを受けるのは当然ですし、反省の意思をきちんと文章で示すことも重要です。

反省文(高校生)は、なぜ自分がそのような行動を取ったのかの理由を説明し、自分がどのような点について悪かったと感じているのかを示す必要があります。また、二度と同様の過ちをおかさないという強い意思を表現することも大切です。

やってしまった事の重大さにもよりますが、反省文は決して本人の自己満足のために書くものではありません。迷惑をかけられた側である読み手の心に響く、心のこもった内容としなくてはいけないのです。

反省文(高校生)の例文

反省文(高校生)の例文①
私は、○月○日に行われた数学の前期テストにおいて、机の中に隠し持っていたカンニングペーパーを使い不正な手段によって高い点数を取ろうとしました。

このような卑怯な手段を取ってしまったのは私自身の心の弱さと、日頃の勉学を怠っていたことが理由であり弁明の余地は一切ありません。

私の行動は○○学園の学生として決して許されるものではないことを自覚するとともに深く反省いたしております。

今後は日々の勉学に全力を挙げると共に、二度とこのような間違いをおかさない事を固くお誓い致します。

今回に限り寛大な処置を賜ります用何卒お願い申しあげます。

反省文(高校生)の例文②
私、●● ●●は○月○日、コンビニエンスストアの○○店において、コカコーラゼロ500ccペットボトル一本を万引きしました。

財布の中にお金が入っていなかったこと、そしてとても喉がかわいていたことがこのような卑劣な行為に走ってしまった理由ではありますが、人として決して許されることのない、情けない行為であると認識し深く反省しております。

今後、このような間違いを二度と起こさないよう肝に銘じ、両親や先生、そして日頃お世話になっているたくさんの方々に改めて謝罪の意をお示ししたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ