痛み入りますの意味と使い方・例文と類語の例文

スポンサードリンク

痛み入りますの意味と使い方・例文と類語の例文

「痛み入ります」の意味や使い方は?

相手の厚意に対しお礼を述べる場合に感謝を表す言葉として使われます。ニュアンスとしてはやや「恐縮している」言葉となりますので、大切な取引先や目上の人、顧客などに対して使う言葉であり、同僚や目下の人には使わいません。

痛み入りますという言葉には実は「相手の厚かましさにあきれる」という意味や使い方もあるのですが、現在ではあまりこのような用法では登場しません。そのような場合には「恐れ入る」が使われるケースが多いようですね。

社会人になるまではまず使う機会のない「痛み入ります」ですが、丁寧に感謝の気持ちを伝える際には便利な言葉ですので、是非使い方を覚えておいてくださいね。

「痛み入ります」の例文

・この度は突然の申し出に対し快くお引き受け頂き本当にありがとうございます。皆様のお心遣い痛み入ります。

・私の入院中、皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。また、わざわざお見舞いまで頂き誠に痛み入ります。なんとか退院することが出来ましたので、今後は恩返しの意味も込めましてより一層業務に邁進したいと考えております。

・本日は私のためにこのような会を催して頂き痛み入ります。今後は気を引き締め、国民栄誉賞受賞者として恥ずかしくない行動を心がけたいと思います。

・この度は身に余るお褒めの言葉を頂戴しまして誠に痛み入ります。

「痛み入ります」の同義語・類語・似た意味の言葉の例文

・●●様のご厚意、本当に有難く存じます

・ご協力助かります

・丁寧なご対応、感謝致します

・日頃ご高配賜りありがとうございます

サブコンテンツ

このページの先頭へ