心ばかりの意味と使い方・例文と類語の例文

スポンサードリンク

心ばかりの意味と使い方・例文と類語の例文

「心ばかり」の意味や使い方は?

「心ばかり」は「心許り」と書きます。自分の行為をへりくだって相手に表現する言葉で、特にお祝いの品を送る場合や、お祝い金を渡す際に添える言葉となっています。

へりくだって相手に伝える言葉ですから当然相手の行為や発言を評する場合には使ってはいけません。「心尽くし」と似ていますが「心ばかりのおもてなしを頂き…」などと言ってしまっては大変失礼にあたりますから注意しましょう。

「心ばかり」の誤用を防ぐためにも「心ばかり=気持ちだけですが」と覚えておきましょう。

「心ばかり」の例文

・心ばかりではございますが当社新商品も同梱させて頂きました。よろしければ皆様でお召し上がり下さいませ。

・心ばかりではありますがお詫びのしるしとしてお送りさせて頂きました。

・日頃ご愛顧賜りまして本当にありがとうございます。本日は感謝の気持ちを込めまして、心ばかりではございますが●●を贈らせて頂きます。

「心ばかり」の同義語・類語・似た意味の言葉の例文

ほんの気持ちでございますのでどうぞお納め下さい。

つまらないものですがお気に召して頂ければ幸いです。

ささやかではありますが会を催させて頂きました。

気持ちばかりのものですがご賞味頂ければと思います。

大したものではありませんがご笑納下さいませ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ