時下の意味と使い方・例文と類語の例文

スポンサードリンク

時下の意味と使い方・例文と類語の例文

「時下」の意味や使い方は?

「時下(じか)」とは「現在」や「今のところ」という意味の言葉です。別の単語では「目下」と同じ意味の言葉になります。使われ方の特徴としては、ビジネス文書やメール、手紙の冒頭で、挨拶文の出だしとして登場する機会の多い言葉と言えるでしょう。

逆に、話し言葉ではあまり使われることはありませんが、文書を人前で読む、スピーチのような場面ではやはり出だし部分で登場します。

いずれにせよ「時下」は現在ではあまり目にも耳にもすることがあまりなくなったマイナーな言葉です。しかし、それ故にきちんと使うことができれば年配の人からの評価は高まるかもしれません。この記事を機会に、是非「時下」の使い方を覚えて頂ければ幸いです。

「時下」の例文

・時下、益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

・時下、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

・時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃より一方ならぬお引き立てに与り、心より御礼申し上げます。

・時下いよいよご隆盛の趣、大慶至極に存じます。日頃は過分なるお引き立てに与り、厚く御礼を申し上げます。

・時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

「時下」の同義語・類語・似た意味の言葉の例文

最近いかがお過ごしでしょうか。しばらく会わない間に季節は夏から冬へと移り変わってしまいましたね。

近頃あなたの噂をよく耳にするようになりました。健康に過ごしていらっしゃいますでしょうか?

目下、なんとか仕事も軌道に乗り忙しい毎日を過ごさせて頂いております。

今のところ、問題は発生しておらず順調に営業しております。今後共宜しくお願い申し上げます。

・だいぶ日も長くなり日増しに春めいて参りました今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ