国語のスピーチの例文

スポンサードリンク

国語のスピーチの例文

国語のスピーチの書き方

長文を書き、スピーチするというのは意外と大変な作業です。そもそもある程度のボリュームのある文章というのは、それなりの構成をしっかりと考えた上で作成し始めなければ意味不明なものとなってしまいがちです。

また、スピーチにする場合は「結局伝えたい物は何なのか」をハッキリさせておかなければ聞き手は困惑してしまうばかりです。特に重いテーマを設定する必要は全くありませんが、冒頭部分で自分が何についてこれからしゃべろうとしているのかは明確にしておいた方が良いでしょう。

国語の授業におけるスピーチのテーマ設定としては以下のようなものが考えられます。

・自分の趣味
・自分の宝物
・自分の大切な時間
・自分の趣味や特技
・初めての料理体験
・旅行の感想
・家族紹介
・自宅や近所での出来事
・小さい頃の思い出
・おばあちゃん(おじいちゃん)から聞いた話し
・失敗経験談
・成功体験談

この他にもたくさん考えられます。皆さんも自分のオリジナリティが発揮しやすいテーマをいくつか考えてみましょう。

国語のスピーチの例文

国語のスピーチの例文①
私の好きな時間は何と言っても金曜の夜です。この意見には多くの人が賛同してくれると思います。金曜の夜はそれまでの一週間の出来事を改めて振り返りつつ整理をしたり、土曜日・日曜日の楽しい予定を立てたりと精神的にも肉体的にも最も開放された自由な時間だと思うのです。

もちろん、自由な時間だからといって無駄に過ごすわけにはいきません。例えばその週の勉強で今ひとつ分からなかった部分については再度復習をし、それでも理解が深まらなければ週が明けたらすぐに先生に質問できるようメモを作成しておきます。

その一週間が充実したものであったかどうか、そして翌週月曜日からの生活がスムーズにスタートできるかどうかは全て金曜の夜の行動に掛かっていると思います。そのような点も全て含めて「金曜の夜は最も自由であり、かつ大切な時間」であると思うのです。

皆さんにとっての最も大切で重要な時間とはいつでしょうか。人によって何が重要で大切かはそれぞれ違うと思います。ですが、「時間」とは誰に対しても等しく割り当てられた貴重な資源です。時間の大切さを忘れる事無くこれからも勉強や遊びに一生懸命頑張って生きたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ