ひとかたならぬの意味と使い方・例文と類語の例文

スポンサードリンク

ひとかたならぬの意味と使い方・例文と類語の例文

「ひとかたならぬ」の意味や使い方は?

若い人はほとんど使った経験が無いのではないでしょうか、この「ひとかたならぬ」という言葉。ですが、現在でも手紙やメールでは立派に生きているフレーズですから、特に上司や目上の人、お客様と連絡を取る機会のある人は絶対にマスターしておかなければならないのです。

「ひとかたならぬ」は「尋常ではない」や「普通ではない」「一般的ではない」といった意味の言葉で、強意語に属するワードです。使い方としては「ひとかたならぬ」の後にはポジティブな意味の言葉を続け「ひとかたならぬ御恩を…」といった形になります。

お礼状や挨拶文など利用できる場面はたくさんありますから、是非積極的に使用して頂きたいですね。

「ひとかたならぬ」の例文

・短い間でしたが赴任中はひとかたならぬお世話を頂き誠に感謝しております。

・この度はひとかたならぬご厚意を賜りまして本当にありがとうございます。社員一同改めて深くお礼をわせて頂きます。

・旧年中はひとかたならぬご愛顧を頂き心よりお礼申し上げます。

・●●様から頂きましたひとかたならぬご指導ご鞭撻を活かし今後も一生懸命精進して参ります。

・当社が無事創業200年の歴史を刻む事が出来ましたのも、●●様のひとかたならぬご支援のお陰と感謝しております。

「ひとかたならぬ」の同義語・類語・似た意味の言葉の例文

・この度は並々ならぬご厚意を賜りまして大変恐縮しております。

・●●様からの過分なお気遣いには本当に感謝しております。

・お客様からの格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。

・この度は身に余るお褒めの言葉を頂き恐悦至極に存じます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ