ご指導ご鞭撻の意味と使い方・例文と類語の例文

スポンサードリンク

ご指導ご鞭撻の意味と使い方・例文と類語の例文

「ご指導ご鞭撻」の意味や使い方は?

ご指導とご鞭撻はセットで使われる機会の多い言葉です。意味としてはそれほど難しい言葉ではありませんが、文章中では基本的に1回しか使わないようにしましょう。何度も登場させるとしつこい印象がありますし、言葉が軽くなってしまいます。

「ご指導」は単独でも使いますが、「ご鞭撻」はあまり単独では使われません。ただ、「ご指導お願い致します」とするよりは「ご指導ご鞭撻お願い致します」と言った方が確かに改まった文章となります。

「ご指導ご鞭撻」は謙虚な姿勢を表す意味でも有効な言葉です。また誠実な印象を相手に与えることもできます。目上の人や先輩にあたる人に対しては忘れずに使うようにし、逆に部下や後輩には嫌味や皮肉にならないよう使用は避けるようにしましょう。

「ご指導ご鞭撻」の例文

・何分未経験の分野ですので、皆様からのご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。

・まだまだ未熟者ですので、先輩方からの腰神戸鞭撻賜りますよう宜しくお願い致します。

・今後とも○○様からのご指導ご鞭撻頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

・私が一人前のエンジニアとして成長できたのも、全ては皆様からのご指導ご鞭撻あっての事と存じます。本当にありがとうございました。

「ご指導ご鞭撻」の同義語・類語・似た意味の言葉の例文

・皆様からの叱咤激励、本当にありがとうございます。

・これからもたくさんのご指導を頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

・○○様から伝授して頂いた技と知識活かし、今後も精進して参る所存です。

・いろいろと教えて頂ければ幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ