反省文のフォーマット(学校)

スポンサードリンク

反省文のフォーマット(学校)

●問題や校則違反の概要

・私は頭髪の管理を怠り、校則で定められた長さよりも長い髪の状態で登校してしまいました。

・私は校内では昼休み時間中以外スマートフォンの使用が禁止されているにも関わらず、先生の許可なく電源を入れ、使用してしまいました。

・私は○月○日、友人であるA君の万引き行為を目前で発見したにも関わらず、彼を止めることをしませんでした。

●問題発生の原因

・決して悪意はありませんでしたが、先日先生からも警告を受けていたにも関わらずつい髪を切る事を忘れていたのが原因です。

・スマートフォンの使用が禁じられていることは知っていましたが、どうしても調べたい情報があり、つい「短時間なら大丈夫だろう」と考えてしまい校則違反を冒してしまいました。

・まさかA君がそんなことをするはずはない、という思い込みや、彼を注意してそれが大事になってしまってはいけないのではないか、という間違った考えからA君の犯罪行為を看過し結果的にA君、お店、学校、両親に多大な迷惑と心配を掛けてしまいました。

●謝罪・反省の言葉

・今後は頭髪をはじめ、その他の校則を正しく守り、二度とこのような校則違反をしないよう気をつけて参ります。本当に申し訳ありませんでした。

・自分はなんて馬鹿なことをしてしまったのだろうと今では深く反省しております。規則を守るということは人間として最低限のルールです。自分の心の弱さと浅はかさが情けなくて仕方ありません。今後は二度とこのような不誠実な行動を起こさないことを誓います。本当に申し訳ありませんでした。

・今後このような場面に遭遇した場合は勇気を持って、そして友人の事を本当に思って、正しい行動をとることを誓います。そして改めてご迷惑をお掛けしたたくさんの方々にお詫び致します。本当に申し訳ありませんでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ